About Clurachan

clurachan(クルラホーン)の名前について

クルラホーンは、アイルランドやスコットランド北東の島々オークニー諸島に伝わる妖精です。

レプラコーンという片方の靴だけを永遠と作り続けている妖精の仲間、
あるいは、レプラコーンが仕事を終えお酒を飲んでいる夜の姿だという説や、
仕事をやめて酒浸りになったレプラコーンのことだという説もあります。

クルラホーンは一人で暮らしていて、酒蔵に入り浸りいつも酔っ払っています。
おそらく身長は人間の半分、約90㎝といったところだそうです。

昔話に出てくるクルラホーンは、赤いナイトキャップをかぶり、革のエプロンをしていて、
青の長い靴下をはき、銀のバックルのついたヒールの高い靴をはいています。

性格はレプラコーンと同じくちょっと不機嫌気味ですが、夜中に羊や犬の背中に乗って、
大暴れをするのが大好きです。
たぶん、酔った勢いなんでしょう・・・(^∀^;)
朝、泥だらけになった羊や犬がいたら、夜中にクルラホーンに乗り回された被害者です(笑)。

クルラホーンは酒蔵の妖精という面ももっていて、クルラホーンに親切な家は、
酒蔵を守ってくれおいしいワインができるそうです。
でも、クルラホーンにいじわるをすると、家の中で大暴れして大惨事を招きます!!
そして、酒蔵のワインをみんな台無しにしてしまいます!!

大酒飲みやワインを盗むような使用人には、徹底的に嫌がらせをするそうで、
一度クルラホーンに目をつけられると、たとえ引越しをしようがワイン樽に忍び込んで
一緒について来るそうです。

クルラホーンを味方につけるか、敵に回すか・・・。
お酒好きの方は、要注意ですね。